seフレ マッチングアプリで作れる?

普通の人は社会人になると学生の頃のようになかなか出会いがないという人も多いです。

近年はネットで出会う人も増えてきましたが、まだまだ怪しいとか危険というイメージや、一昔前の出会い系サイトのイメージなどがある人も多いでしょう。

出会い系、マッチングアプリ、婚活サイトなど呼び名は違うものの、実際には全て「ネットを介して出会いを提供するサービス」であることには変わりないです。

ただ、それぞれ傾向はあるのでそれらをまとめて比較してみたいと思います。

seフレ作りたい人必見!出会い系、マッチングアプリ、婚活サイトの違いを比較

出会い系の特徴

対象者

出会い系は、最近は以前よりもアダルト色が薄くなったものの、掲示板やプロフィールの質問欄などもアダルト要素が強いです。

彼氏彼女を作るという恋活目的でも使えますが、セフレなど遊び目的の人、パパ活や愛人募集の人、不倫や浮気願望がある人にもおすすめです。

利用者は10代後半から50代、60代の利用者もおり年齢層も幅広いです。

登録条件

登録にはメールアドレス(フリーメール可)とSNSが受け取れる携帯電話番号が必要です。

また、18歳以上であることを証明する書類のアップロードが必須です。

利用料金

出会い系の多くはポイント制で、男性は事前にポイント購入し、メール送信などでそれを消費していく形となっています。

女性は無料のところがほとんどです。

日記や掲示板に書き込んだり、サイト内でメッセージをやりとりでき、ラインなどの連絡先交換も自由です。

恋活アプリ・マッチングアプリの特徴

恋活アプリやマッチングアプリは、結婚はまだわからないけど彼氏彼女が欲しい、趣味が同じ異性の友達が欲しいなどのニーズ向けです。

出会い系のようなアダルト要素はなく、婚活よりも気軽にダウンロードして始められるとして人気です。

20代、30代の利用者が多いです。

登録条件

恋活アプリやマッチングアプリはFacebook経由で登録するものが多いです。

Facebookアカウントを持っていない人は、アカウント作成から始めなければならずめんどくさい面があります。

また、友人が10人以上いなければいけなかったり、既婚者は登録できないなどハードルも上がります。

18歳以上であることを証明する書類のアップロードは必須です。

利用料金

マッチングアプリはほとんどが定額制で男性は一月あたり3~4千円程度の価格設定です。

女性は無料のところがほとんどです。

やりとり、連絡先交換

マッチングアプリに関しては、お互いが写真やプロフィールを見ていいねなどの高評価をし、双方が好意をもっている(マッチングした状態)でなければメッセージのやり取りができません。

メッセージのやりとりの中でラインなど連絡先は自由に交換できます。

婚活サイトの特徴

婚活サイトは恋活アプリやマッチングアプリよりもさらに結婚を意識した人向けです。

対象者も20代〜30代はもちろん、40代、50代の人や再婚したい人などにも向いてます。

ネットを使った婚活サービスでは、恋活アプリと同じように年齢や居住地、年収、好みなどから相手を検索し、メッセージのやり取りをしてから実際に会ってみるという流れが一般的ですが、中には会社がセッティングしてくれたりするものもあります。

登録条件

18歳以上であることを証明できる書類はもちろん、中には年収やその他の書類が必要というサイトもあります。

登録はフェイスブックでできるところもあれば、メールでできるところもあります。

利用料金

婚活サイトも多くは定額制です。

値段はマッチングアプリより少し高めのところが多いです。

中には入会金やカップル成立したらそこでもお金がかかる業者もあります。

男性はもちろん、女性も有料のサイトも多いです。

やりとり、連絡先交換

やりとりや連絡先交換も自由にできるところもあれば、コンシェルジュやサポートなどを通してするようなところもあり様々です。

seフレ作りや既婚者の不倫は出会い系がおすすめ!

大まかに分けると出会い系アプリはアダルト要素が強くて遊び目的、恋活アプリやマッチングアプリはきちんと彼氏彼女を作って付き合いたい人向け、婚活サイトは結婚を見据えた真面目な出会い、という感じです。

既婚者で不倫相手やseフレ 作る方法を探す場合は出会系アプリがおすすめです。

最近は出会い系アプリもイメージ戦略を変えていますし、出会い系でも身分証明書の提出なども必須なので、一昔前より安全に遊び相手を探すことが可能です。

seフレアプリ おすすめピックアップ

PCMAX(ピーシーマックス)

2002年から運営している老舗出会い系サイト。

街中の看板や女性雑誌など多くの広告を掲載しており、登録者1800万人以上で知名度抜群。

写メコンや無料で使える日記コンテンツなど、人気です。

アダルト色は強めの出会い系で、100の質問、裏プロフやアダルト掲示板も充実していてセフレ探しやパパ活にも最適。

日記コンテンツなども盛り上がりを見せています。

当サイトからの登録で1000円分の無料ポイントがもらえます!

Jメール

Jメールも運営歴18年、会員数600万人以上の大手出会い系サイト。

会員数も現在進行形で、ぐんぐんと伸び続けているのでおすすめです。

当サイトからの初回登録で今なら1000円分もらえます。

姉妹サイトには「メルパラ」もあり穴場の出会い系サイトです。


初回無料登録をすると、最大100P(1,000円分)の無料ポイントがもらえます!

ハッピーメール



プロフィール閲覧が無料という点も、ハッピーメールならではのお得なポイントです。

当サイトからの登録で最高120ポイント(1200円分)の無料ポイントがもらえます!

ワクワクメール

ワクワクメール

ワクワクメールも会員数1500万人を超える大手出会い系サイトです。

ワクワクメールの初回無料ポイントは最高120P(1,200円分)です。

イククル

イククル

イククルも会員数が多く、安心して利用できる大手出会い系サイトです。

イククルの初回登録では無料のポイントサービスで、800円分もらえます。

seフレ マッチングアプリでも探してみた

一応seフレが作れそうなマッチングアプリにも登録してみたので、実際に使ってみた感想をレビューします。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ) は累計会員数は1000万人以上という日本でも有数の大規模なマッチングサイトです。

ペアーズを運営するのは株式会社エウリカです。

会社情報としては、会社設立は2009年と比較的新しめではありますが、2012年にペアーズを運営してからは右肩上がりに業績が伸び、今では従業員は100人超え、資本金は一億円です。

ペアーズのサービス内容は一般的なマッチングアプリと同様、登録者の中から気になる相手を見つけ、その相手に「いいね」を送り好意を伝えます。

相手が「いいね!ありがとう」を返してくれたらカップル成立で、それ以降に2人でメッセージのやり取りができるようになります。

まさに恋活サイトの王道ともいえるわかりやすいシステムですが、ペアーズは検索機能や相手探し機能が優れている特徴があります。

というのは、検索は年齢、趣味、居住地といった一般的な項目だけではなく、お酒やたばこといった嗜好の傾向まで細かく設定されているので、より理想に近い人を探し出すことができます。

また、条件検索だけではなく、コミュニティも豊富にセッティングされているので、「料理」「温泉旅行」「サッカー観戦」など趣味のコミュニティや「〇〇料理が好き」といった好きなもののコミュニティなど幅広い選択肢が用意されており、自分と趣味の合う人を見つけやすい環境ができています。

Pairs(ペアーズ)に登録してみた感想としては、出会うことは十分可能ですし、真面目な出会いを探している子が多いと思います。

ただ、他のマッチングアプリにも言えることですが、ここ最近利用者が増えており、人気のある人はいいねが大量に届いているので埋もれてしまう可能性もかなり高いです。

しかもペアーズは相手のいいね数が見れてしまうので出会った後も他のことも会っているのでは?などと嫉妬深い子だと疑われますw

タップル

タップル誕生は、アメブロなど運営する大手IT系企業のサイバーエージェントグループが提供するマッチングアプリです。

メディアなどでも取り上げられており知名度はかなり高いです。

自分の周りでも人気があり名前もよく聞きます。

タップル誕生は他の恋活アプリと違い、趣味でつながるという明確なテーマのある恋活アプリです。

グループ機能が充実しており、自分の好きなことや趣味を選択するとその中からマッチングされ、いいかもorいまいちで選択して振り分けていきます。

利用者も多くかなりの人数とマッチし、ラインなど交換してデートをしたり、彼女もできました。

趣味カテゴリーからティンダーのようにサクサク振り分けていけるので探す手間みたいなのがかからず楽です。

ペアーズよりも個人的には使いやすく、いいと思います。

業者やサクラなどもおらず、普通の女性と普通に出会えます。

出会系に比べると、やはりある程度真面目に付き合いたい、結婚を見据えた出会が欲しいという女性が多めです。

*その後は会員数も増えたようですがやはり以前よりマッチしづらくなってきていると思います。

男はいいねをしまくり、女はきすぎてめんどくさくなるこれマッチングアプリの宿命ですw

with(ウィズ)

withは2016年から運用されているマッチングアプリで、メンタリストDaiGo監修ということで注目されています。

運営会社情報としては、運営は㈱イグニスで、スマホアプリやゲーム事業の企画・製作・販売・運営を行っており、

数々のスマホゲームやアプリの開発に携わっている企業です。

2014年には東証マザーズに上場しており、上場企業が運営しているマッチングサービスでアプリも開発・提供されています。

検索機能は趣味や年齢、居住地など細かく条件を設定できるので、できるだけ自分の好みに合ったタイプを検索できるメリットがあります。

ただ、いいねの回数がかなり制限されており、マッチもなかなかしませんでした。

利用者も結婚など真面目な出会い前提という感じなので、seフレ作りには向かないでしょうね。

Poiboy(ポイボーイ)

Poiboyとはmixiグループのダイバースという会社から新しくリリースされたマッチングアプリです。

近年話題になっている肉食系女子をターゲットにしたアプリで、女性側から男性側を選ぶという新しいスタイルのマッチングアプリです。

Poiboyは、通常のマッチングアプリのように男性側からメールを送ることができず、女性が写真を見てお気に入りの男性を選ぶ(ポイする)とされた男性は初めて相手にメールを送れるようになるという仕組みなのです。

今までのマッチングアプリでは、男性はひたすらメッセージを数多く送るということをしなければいけなかったのですが、

Poiboyでは女性が既に自分のことを気に入って選んでくれているのでメッセージの返信率が圧倒的に高いです。

また、女性側も、従来のマッチングアプリのように興味の無い人から大量にメッセージがくるということが無く、嫌な気持ちになったり不快になったりすることもないです。

また、自分好みのイケメンを集めてグループを作ることもでき、友達と見せ合ったりもできます。

アプリの中でハーレムをつくれるということですね!笑

目の保養や自分好みのイケメンを見つけたいなど女性利用者からの評判も良いです。

YYCやユーブライドなどもリリースしているmixiグループですので色々なメディアで取り上げられたり、結構宣伝もされていて早くも100万ダウンロードされたそうです。

利用者の年齢層も18〜24歳が80%と多く、若い人にはそれなりに人気も知名度もあり使われているようです。

男性は、まずは女性にポイされないと(選ばれないと)何も始まらないということで、写真をできる限り盛る必要があります笑

なにせ第一印象が顔写真のみなので、色々写真加工や撮る角度、服や眼鏡などアクセサリーなど細かいところまで女性受けを狙いましょう!笑

写真は5枚までアップロードすることができるので複数載せると効果的です。

プロフィールは仕事とか趣味とか自分が頑張っていることとかの中から好印象をもたれる感じのものを中心に書いておきましょう。

女性側は毎日10名の男性がランダムで「さがす」画面に表示されるので顔写真のアイコンを左右にフリックしてポイ(お気に入り登録)します。

これで男性側にポイされた通知がいくのでどちらからもメッセージのやり取りができるようになります。

他にもタイムラインと言う所で、他の女性がお気に入り男性をグループでまとめたものを見ることもできます。

塩顔男子、中性顔男子、関西弁男子などが人気で、なでなでしたい年下男子や守ってくれそうケンシロウ系男子などユニークなものもあります。

女性も男性画面と同じく写真5枚までアップロードでき、プロフィールを書く部分もあります。

女性主体のアプリなので積極的なこととか自分のアピール部分をどんどん書いてしまって良いと思います。

Poiboy(ポイボーイ)を使ってみた体験談としては、あまり使いこなせていないですが初日からポイしてくれる女性がいました!

しかもなかなか美人な看護師さんとかわいいスポーツ系女子でした!

ある意味男からすると女性が選んでくれることは楽なことでもあります。

やはり難点は自分から積極的にメール送ったりができないので待つしかないという点でしょうか、、写真を充実させて若い可愛い子と出会いまくりたいと思います!

マッチドットコム(match.com)

マッチドットコム(match.com)は世界最大の恋愛マッチングサイトです。

運営開始は1995年からで、実に20年以上の歴史と実績を誇る老舗のマッチングサイトなのでその名を聞いたことがある人も多いと思います。

運営する会社情報としては、本社はアメリカのダラスにあるMatch.com,L.L.Cですが、2007年には日本法人であるマッチドットコムジャパン株式会社が設立されています。

マッチドットコムは日本のみならず、世界中で利用されており、世界24か国、15言語で提供されています。

2006年には世界での利用者が1500万人を超えたということでギネス認定もされました。

現在では日本だけでも利用者は180万人を超える大規模なマッチングサイトです。

マッチドットコムの特徴は非常にシンプルで明確な使用方法です。

登録者はプロフィールを作成し、そのプロフィールを見てお近付きになりたい人はFacebookでいうところの「いいね」にあたるウィンク機能を使ったり、メッセージを送付してお互いにやり取りをしていくという流れで進めていきます。

そしてマッチドットコムの優れているところは、会員数が非常に多いため自分で1人1人プロフィールを検索することは困難なため、サイト側から条件に合った相手をピックアップしてくれるのですが、そのピックアップに学習能力が備わっている点です。

そのため、恋活を続けるうちにより自分の好みの相手をピックアップしてくれるというメリットがあります

マッチドットコムを実際に使っている人の口コミや評判で多いものが、「真面目に出会いを考えている登録者が多い」「外国人とも出会える」という意見です。

特に外国人と出会いたいけどなかなか機会がないという人は多いものですが、マッチドットコムは海外のマッチングサイトとも提携運営していることもあり、海外居住の外国人と出会えるだけでなく、その名が全世界で通用するサイトなため国内在住の外国人登録者も多いのが特徴です。

また、大規模かつ老舗のマッチングサイトなので、真剣な出会いを求めて登録する人が多く、成果に結びつきやすいと感じました。

ウィンク機能や足跡機能などの補助機能が充実しているので、すぐにメッセージを送るのは気が引ける相手にもさりげなくアピールできます。

無料会員でも使える範囲が広いです。

ただ、東京や大阪といった大都市圏に比べると地方の田舎町では登録者が少なくてピックアップされる相手も限られる感じです。